タナカ SIG P226 アーリータイプ ガスブロのレビュー

今日は2月26日ということに因みまして タナカワークスのSIG P226 アーリータイプ ガスブローバックガンを紹介したいと思います。  SIG P226は、自衛隊などでも採用されたP220の後継として開発されたセミオートマチックピストルです。 ダブルカラム(複列)化したマガジンを採用したことによりP220より9mm口径だと装弾数が9→15発へ増えています。 P22X系は幾つかのメー…

続きを読む

S&W ボディガード380 クラウン エアコキの外観と操作性を詳しくレビュー

S&W社が開発した”マイクロ・コンパクト”サイズのピストル「ボディガード380 」のエアコキを紹介したいと思います。 クラウンモデルが発売するエアコッキング方式の小型ピストルをラインアップしたポケットハンドガン・シリーズがあります。 その中の1つがボディガード380です。  ボディガード380はアメリカのS&W社が開発したポリマーフレームを採用したセミオートマチックのピストルです。…

続きを読む

VFC Colt SOPMOD M4A1 DX 2015 Ver. ガスブローバックライフルのレビュー

VFC製ガスブローバックライフル VFC Colt SOPMOD M4A1 DX 2015 Ver を紹介したいと思います。 このモデルは2015年11月頃に再販されたバージョンです。VFC製品は同じモデルでも生産された時期によって細部の仕様が異なる(リニューアル)ことが多く分ける為に生産年日から"2015"バージョンと呼ばれています。 STD版とDX版が存在して一部パーツの材質が変…

続きを読む

リモコン戦車プラモを作る 車体組み立て編

アオシマ リモコンプラモデル制作の続き3回目です。 シャーシを組み立てる前にホイール(起動輪)をギアボックスに取り付けます。 シャーシに前回の記事にて用意したホイールとギアボックスを取り付けます。この時にギアボックスのモーターにリモコンケーブルの配線を行います。 一番前のホイール・シャフトにはベルトの張り具合を調整する仕組みに感心しちゃいます。 ゴムのベルトを付けたらシャーシ…

続きを読む

リモコン戦車プラモを作る リモコン組み立て編

前回から引き続き、リモコン戦車プラモの制作をしていきます。 今回はリモコンの組み立てをしました。 リモコンの組み立てと書くと難しそうですが、リモコンのパーツ数も多くなく難しそうな感じはありません。 付属するリモコンのプリント基板には既にケーブルが配線済みです。 また本体用のモーターやギア関係もボックス化されていて初めから組み立てあります。 リモコンのスティック部分に使う、小…

続きを読む

戦車のプラモデルを買いました。

久しぶりに戦車のプラモデルを作ってみたくなりポチってみました。 アオシマのヤクートティーガーです。リモコンプラモデルというシリーズの品物でプラモデルながらリモコンとモーターで動かせることができ、昔からあるキットです。 青島文化|AOSHIMA リモコンプラモデル No.7 ドイツ駆逐戦車 ヤークトタイガーposted with カエレバ楽天市場で探すAmazonで探す 金曜の夜に注…

続きを読む

東京マルイ アルバート.W.モデル 01P ガスブロのレビュー

東京マルイとカプコンのコラボレーションモデル 『アルバート.W.モデル 01P』 ガスブローバックガンの紹介をしたいと思います。  アルバート.W.とはゲームソフト「バイオハザード」シリーズに登場するキャラクター ”アルバート・ウェスカー” が由来です。 ラクーン警察の特殊部隊S.T.A.R.S.(Special Tactics And Rescue Service)の隊長ながらも物語の…

続きを読む

クラウン製 S&W M29 4インチ ガスリボルバーの性能とデザインを徹底解説

ここ1~2ヵ月ほどカート式リボルバーにハマってまして、新たに手に入れたクラウンモデル S&W M29 4インチ ガスリボルバーを紹介したいと思います。 おうち時間が多くなり、部屋撃ちする機会もグッと増えました。その分、BB弾やガスの消費も増えたのですがそんな時に丁度良いのがエアコキやカート式リボルバーです!どちらもガスブロや電動ガンに比べて1発をじっくり狙って撃つスタイルにしてBB弾の消費…

続きを読む

最近のコメント