デトニクス サイレントマスターを作る

マルイのコンバットマスターにサプレッサーを取り付ける為にタニオコバのスクリュージョイントを使用してアウターバレルを加工しました。 サプレッサーなどに対応するスレッドバレルもありますが、手軽に試したかったので 今回はハイキャパ4.3の時でも使用した、タニオコバ製のワンタッチスクリュージョイントを用意しました。 ワンタッチスクリュージョイント サイレンサ取付用 マルイ M1911/Hi…

続きを読む

ガンパーツComment (3)

東京マルイ デトニクス コンバットマスター ガスガン レビュー

ガバメントをベースに開発されたコンパクトピストル、デトニクス社製『コンバットマスター』です。 ガバメント系の小型.45口径ピストルをを東京マルイが、ガスブローバックガンで再現!マルイのコンバットマスターを紹介したいと思います。 目次デトニクス コンバットマスターの特徴東京マルイ デトニクスコンバットマスター外観レビューマガジン分解内部レビュー発射テストまとめ デトニクス コンバ…

続きを読む

M1カービンのハンドガードをDIY 完成編

AGM製M1カービン用のハンドガードを作りの最終回になります。  2021/3/23 記事を加筆訂正しました。 サーフェイサーを吹いたハンドガードベースにレイルプレート用の下穴を開けました。 レイルプレートには前後の向きがあって向きによってネジ穴の位置がズレるのでとりあえず4ヵ所穴を開けます。 さらに本体に固定するボルトを通す穴を左右に用意。 クレオス Mr.サーフェイサー50…

続きを読む

ガンパーツComment (0)

AGM M1カービン エアコッキングのレビュー

M1カービンは、第二次世界大戦でアメリカ軍に採用された軽量で高精度なカービン銃です。その後も多くの国で使用され、日本の自衛隊でも供与されました。 今回は、エアソフトガンでこのM1カービンを再現したAGM製のエアコッキングモデルをレビューします。 US M1カービン 軍隊にて歩兵ライフルを必要としない整備、輸送、警備などを主とする後方部隊または下士官達の新型軍用カービン(騎兵銃)…

続きを読む

M1カービンのハンドガードをDIY レイル編

AGM製エアコキM1カービンのマウント付きハンドガード作りの続きになります。 AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッドposted with カエレバ楽天市場で探すAmazonで探す 前回の記事では100均にて手に入れた素材からベースを切り出しましたが、今回はベース用のマウントレイルを探すところから始まります。 切り出した木材上部にマウントレイルを付けようと20mm…

続きを読む

ガンパーツComment (0)

M1カービンのハンドガードをDIY

突然ですが、ひょんなことからAGMのM1カービン(エアコキ)をポチっていました(しかも結構前に)。 AGM M1カービン エアコッキング FW(フェイクウッド)posted with カエレバ楽天市場で探すAmazonで探す 先月初頭ですが実銃のM1カービンについて検索していたら、こちらの動画にたどり着きました。 動画の冒頭に登場するM1カービンには、ハンドガードをマウントレイルへ…

続きを読む

ガンパーツComment (0)

CTRストックのレプリカ レビュー

CTRタイプのレプリカストックを買ってみました。 DEFACTORというブランドのもので、段ボールのパッケージに入っています。 DEFACTORについて調べてみると、ORGAエアソフトというエアガン、カスタムパーツの販売やカスタムを行っている日本のショップが監修しているレプリカパーツのブランドのようです。パーツの生産は海外でされているようで、パッケージ裏にMade in Hong Kon…

続きを読む

ガンパーツComment (0)

東京マルイ グロック34 ガスブロをレビュー

3月4日に因んでグロックシリーズ『34』番!でシューティング用途として開発されたG34東京マルイ ガスブローバックガンを紹介したいと思います。  オーストリアのグロック社が開発したベストセラーの“グロック17”は、9mmパラベラム弾を使用するポリマーフレームピストルです。 数多くのバリエーションが存在するグロックファミリーですが、グロック17と同じくポピュラーな9mm パラベラム弾を使用しロ…

続きを読む

最近のコメント