0コメント

東京マルイ ハイキャパ5.1R レビュー 前編

画像
先月の始め頃にフロンティアホワイトホールにてクジ引きで当てた18歳未満用のガスブローバックガン、スライドの14というマークとブルーのグリップスクリューがアクセントなハイキャパ5.1Rの紹介です。

画像
2004年に18才以上用として発売され、その後も様々なバリエーションがあり、ビギナーからベテランまで人気のあるモデル、ハイキャパ5.1
ハイキャパの設定では、.45口径ガバメントのハイキャパシティ(多弾数)モデルでガバメントの装弾数の少なさという弱点を克服したカスタムモデルです。
このハイキャパ5.1を東京マルイでは初となる、18才未満用のガスブローバックガンとしてモデルアップ。

マルイのホームページによると推奨年齢は14才以上となっているみたいですね。

画像

画像

画像
他メーカーからも18才未満用のガスブローバックガンは発売されていましたが初めてガスブローバックガンを買うという子も多いと思います。
ガスブローバックガンということはトリガーを引くとスライドが動くので思わぬケガをしてしまうかも知れません。

そのため本体には操作やルールについての注意書きシールが貼られています。
もちろん、このシールはきれいに剥がす事もできます。

画像

画像
18才以上用のハイキャパと比べてみてもパッと見では、ほとんど違いが判らないほどの出来えです。
実際手にしてみると重量はほとんど違いはありません。

でも18才以上用のモデルとは違いが無いわけではありません。
最初にも書きましたがグリップスクリューがメタリックブルーに替わっていたりトリガーがショートタイプに変更されていたり、それに共ってライブで可動するグリップセイフティも若干薄くなり操作性が向上したように思います。

画像

画像
グリップも少し変更されていますね。
ちなみにコスト・ダウンのためでしょうか?フロント・リアサイトがプラ製のものに替わっていました。
でもちゃんとリアサイトは左右上下に微調整することが出来ます。

若干フレームの刻印も変わっているのが分かります。

レビューは後編の記事続きます。
『東京マルイ Hi-CAPA 5.1R レビュー 後編』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

過去ログ